〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸2-10-15 ライオンズマンション横浜西口704号室
JR「横浜駅」南西口徒歩5分、相鉄線「横浜駅」徒歩5分

受付時間
9:00~21:00
*お電話対応出来ない場合がありますので、
問い合わせフォームも合わせてご利用ください。
定休日 
なし(完全予約制)

横浜駅徒歩5分 初回無料相談のご予約は

045-534-3842

サービスのご案内

ビザの取得

当事務所では、経験豊富な行政書士と弁護士が共同して、入管ビザ事件に取り組んでいます。

通常のビザ申請は行政書士が単独で担当し、困難案件やオーバーステイ等の事件は弁護士が中心となって事件処理に当たります。そのため、質の高いリーガルサービスを提供することができ、結果としてビザの取得率も向上すると思われます。

行政書士のビザ申請の経験値と、弁護士の法律知識を駆使して、あらゆる可能性を追求して、お客さまのビザ取得をサポートします。また、誠心誠意対応することを心がけていますので、まずは一度ご相談ください。

 

  • 永住ビザ取得
  • 帰化申請
  • 就労ビザ申請
  • 配偶者ビザ申請
  • 定住者ビザ申請
  • オーバーステイ、在留特別許可
  • 弁護士業務(刑事、離婚、交通事故、労働事件等)

 

オーバーステイや在留特別許可、入管訴訟にも対応

当事務所では、行政書士と弁護士が共同して入管ビザ事件に取り組んでいます。

行政書士単独の場合には、入管への申請で業務は終了ですが、弁護士の場合には訴訟も見据えた対応をすることができます。またオーバーステイ等で在留特別許可を求める際の代理人に弁護士が就任して対応することが可能です。口頭審理や訴訟で代理人となれるのは弁護士だけです。

相対的に行政書士単独の場合と比べて、質の高いリーガルサービスを提供できるものと自負しております。

通常のビザ申請の案件でも、困難な事案の場合には、弁護士名義の意見書を申請書と一緒に添付することが可能です。また、オーバーステイや在留特別許可を求める事案では弁護士が代理人として活動します。また、訴訟対応も可能となります。

ワンストップサービスの提供

当事務所では、弁護士と行政書士が共同して入管ビザ事件に取り組んでいます。

入管ビザ事件は意外と他の法律事件、例えば離婚事件や刑事事件、交通事故、労働事件等々と密接に関連している場合が多くあります。このような事件の場合、行政書士は対応することができず、弁護士のみが取り扱うことができます。

当事務所ではこのような関連する法律事件のご依頼も弁護士がお受けすることができ、ワンストップサービスを提供することができます。

まず、入管ビザ事件のご相談でも、大元の原因をお聞きします。その場合で、離婚問題や刑事事件が絡んでいて、その処理を先行する必要があると判断した場合には、弁護士が業務を遂行します。まずは、詳細にお話を聞くということにつきるかと思います。

初回無料相談のご予約はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ

045-534-3842
受付時間
9:00~21:00
定休日
なし(完全予約制)

アクセス

住所

〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸2-10-15 ライオンズマンション横浜西口704号室
JR「横浜駅」南西口徒歩5分、相鉄線「横浜駅」徒歩5分

受付時間

9:00~21:00
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

定休日

なし(完全予約制)

お役立ち情報のご案内

おすすめコンテンツ
お役立ち情報をご提供しています。ぜひご一読ください。
配偶者ビザを取得したい場合
就労ビザを取得したい場合
永住ビザを取得したい場合